会社概要 製品案内 ホームサービス 施設案内 環境活動 求人情報 お問合せ TOP



 ・引越し時の後片付けや不用品のリサイクル・処分のお手伝い
 ・粗大ゴミ・不用品処分のお手伝い
 ・室内や事務所の家具等の移動・配置替え・処分のお手伝い
 ・リサイクル品の再生や分別のお手伝い
 ・故人の遺品の片付け・処分のお手伝い   などなど・・・
 
  暮らしの中で自分たちだけでするにはちょっと大変で面倒だと思うことがありましたら

  ※対象地区:新潟県上越市・妙高市

 

 【Q&A】 よくあるご質問
 Q.量が多くて分別がたいへん!分別なしでも収集に来てくれますか?
 A.はい、当社にて収集後、分別処理致しますのでご安心下さい!
 Q.今すぐに処分するものではないのだけれど、とりあえず料金を教えて欲しい。見積りだけしてもらうことは出来ますか?
 A.もちろん出来ます。当社では実際にお客様のお宅へ伺い、対象物を見せていただいた上でお見積りをさせて頂いております。
   お見積りは無料ですので、是非お気軽にお問合せ下さい。
  Q.廃家電を捨てたい。家電リサイクル券ってどんなものに必要なの?
  A.テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機の4品目は家電リサイクル法において『特定家庭用機器』として指定され、小売業者は「排出者からの引取りと
    製造業者等への引渡し」、製造業者等は「引取りとリサイクル(再商品化等)」といった役割をそれぞれが分担し、リサイクルを推進することが義務づけ
    られています。 その際、引取りを求めた排出者は小売業者や製造業者等からの求めに応じ、料金を支払うことになります。このとき家電リサイクル法
    のもとで消費者、小売業者、メーカー等(製造業者等)が行う業務の円滑な遂行を可能とするための環境整備の一環として、財団法人家電製品協会が
    構築したのが家電リサイクル券システムです。
    家電リサイクル券システムでは、郵便局で再商品化等料金を支払う『料金郵便局振込方式』と、取扱店(小売業者など)へ支払う『料金販売店回収
    方式』があります。
   『料金郵便局振込方式』ですとお客様が事前に郵便局にて再商品化等料金を支払い、当社はお客様に収集運搬費のみを頂く形となりますが、「わざ
    わざ郵便局へ行かないといけないの?」「処理代・収集運搬費を別々に支払うのは面倒」というお客様には、当社にて家電リサイクル券をご用意致し
    ますのでご用命下さい。
※ 廃家電についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ ⇒ 財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター
 Q.廃棄物が大きくて、自分では家から運び出せないのですが・・・。
  A.大きなものや量の多いものでもご安心下さい。当社にて搬出作業も承ります。(※別途搬出作業代が掛かります)

 ※ダンボール・雑誌・新聞紙などの古紙類や缶・びん・ペットボトル・プラスチック製容器包装材等は、リサイクルされ各種製品に生まれ変わります。
 ※機密情報・個人情報に関る書類等は、徹底した機密管理の下に再生処分致しますので、情報が外部に漏れる心配はありません。


 

会社概要製品案内ホームサービス施設案内環境活動求人情報お問合せTOP
----------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright (C) Wastec ENERGY. All Rights Reserved.